生理痛

院長の日記                             2014年10月25日 有本 政治

人の体のナゼとワケ ~ 生理痛および生理時の諸症状のワケ

生理痛には、子宮(下腹部)そのものが痛む場合と、全身の血液の循環、配分、質
の乱れによる身体各部の痛みと諸症状があります。子宮が痛む場合は、痛みの程
度にかなりの個人差があり、激しい痛みが生じる場合もあります。

全身の血液の循環、配分、質の乱れによる身体各部の痛みや諸症状は個人の
遺伝的体質と、その時の体調によって大きく左右されます。主な症状として、頭痛、
胃痛、腹痛、皮膚のあれ、かゆみ、湿疹、アトピー性皮膚炎等を発症しやすくなり
ます。

子宮そのものの痛みと身体各部の痛みと、生理時の諸症状は多岐にわたりますが
根源的な要因はひとつです。それは局所の問題ではなくて全身の血液の循環、配分、
質の乱れによって引き起こされているということです。

痛みを起こす機序としては、痛みは血液が不足している箇所に発生するというこ
です。これをしっかり覚えておいてください。体は痛みという信号を発することで 、
心臓 の拍動を活発にして、血液の循環を高めるのです。そして血液が不足して
いる場所に、血液を集めようとしていくのです。これは身体の必要対応になります。

血液が充分に供給できない場所が生じるという事は、全身の血液の循環、配分、
に、乱れがあるということです。血液の質が悪くなれば、血液は熱を帯び、赤血
球同士が連鎖して、血液がベトベトの状態になります。つまり血液の質の乱れは、
毛細血管の流れを停滞させ、身体各部に血液不足を引き起こすのです。また、
血液の循環(血液の流れ)が悪くなれば、身体各部への血液の供給がとどこおり、
全身の血液の配分が乱れていきます。痛みの背景には、こうした血液不足、血
液の循環、配分、質の乱れが必ず存在します。

子宮そのものに激しい痛みを引き起こすときは、体がかなり弱っていると思って
下さい。過労や心労、寝不足で体が弱ってくると、血液の循環が悪くなり、子宮に
充分な血液が集められなくなります。そうすると体は痛みの信号だけではなく、子
宮を痙攣(けいれん)させてでも、血液を子宮に集めようとしています。これをスポ
ンジ効果といいます。スポンジのようにして血液を充分に吸収させないと、血液が
集まらないからです。

こうした理由で激しい痛みと子宮痙攣を同時に引き起こします。下腹部痛や下腹
部のおもさ等も、子宮に血液を集めようとする身体の対応の姿になります。
血液は体を養ってくれる源(みなもと)です。血液を集めることで身体を守っている
のです。故に痛み止め等の薬を安易に服用してはいけません。痛みや子宮の収
縮、痙攣等が起きているときには、体を横たえてゆっくり静養することです。

生理の時に頭痛が起きる場合は、遺伝的な体質に起因しています。生まれつき
心臓(心臓のポンプ力)と肺の機能が弱く、全身に酸素の供給がスムーズに行え
ないため、頭部へ血液が充分に供給できなくなります。これを補うために、痛みを
発症させます。また、生理中は頭痛だけではなく、イライラしたり怒りっぽくなった
りと情緒が不安定になりやすくなります。こうした時には、横になり体を休め、額
や後頭部をアイスバッグや氷枕で冷却すると、かなり緩和できます。

先天的に消化器の弱い人は、生理時に胃や腸に血不足が起こり胃痛、腹痛を
発することで血液を集める対応をとります。また、寝不足になると、胃痛、腹痛は
起きやすくなります。血液は睡眠時に肝臓に集まり解毒され、全身にきれいな血
液を、くまなく供給しています。つまり人の体は眠っているときに、このような修復
作業を行なっているのです。だから生理時に睡眠不足になると、胃腸に血液不足
が起こり、胃痛や腹痛等の痛みを発生させやすくなるのです。生理の時は普段の
時よりも、早く床に就き、十分な睡眠が必要になります。

生理時に極度の肌荒れやかゆみが出る人は、皮膚や皮下組織に血液が不足し
ています。かゆみが出てかくことで、その部位に血液を集めていくのです。(血が出
るほどのかきむしってはいけません)。皮膚病が表れる人は、血液の質が悪く、ベト
ベトの血液が毛細血管の停滞を引き起こし、つまってくるため、皮膚近くの毛細血
管に熱が生じ、この熱を体外へ排出させる対応として、湿疹やかゆみ、かぶれ、

アトピー性皮膚炎等を引き起こしているのです。また皮膚は息をしていて、呼気作
用(はく作用)があります。つまり皮膚に表れる症状は肺機能とも密接に関わってい
て、先天的に肺が弱い人は、皮膚炎や皮膚病を発症しやすくなります。

以上が生理痛及び諸症状のナゼとワケになります。こうした理由が判っていけば
様々な症状が発症しても、適切に対処していくことができるようになります。

 

生理痛をとらえ直す         2004. 有本 政治

 現代女性の多くに生理痛を訴える人が増加しています。
生理のたびごとに、鎮痛剤を服用してしまうケースが大半
ですが、鎮痛剤の長期服用はますます交感神経を緊張させ、
自律神経のバランス失調を助長させることになります。こ
れは、生理痛のみならず全身の機能低下に発展し、腰痛・
肩、首のこりを必ずを引き起こしていきます。 生理痛は、
発生の機序を正しく認識し対処していけば、必ず改善して
いきます。
 生理痛は、子宮本体が痛み、違和感をもつ場合と子宮以
外の身体各部に痛みや症状が出る場合があります(頭痛、
胃痛、下痢等)。身体各部の痛みにともない、いらいら感、
うつ感などの精神的症状も生じてきます。これは、全身の
血液の循環と配分に乱れを生じることで起こってきます。
 人体の血液量は約5リットル位といわれています。この
血液が全身をくまなく循環し、必要な所に必要な量の配分
がコントロールされて、すべての生理機能を営んでいます。

 女性の場合、約30日周期で血液を体外に排出します。一
回の生理時に排出する血液量は、約60cc位といわれていま
す。60ccという血液量は、身体の機能に影響のない程度の
量です。(例えば献血時に採取される血液量は100~150cc
くらいになります)。
 血液の循環を乱している要因のひとつとして大きく関与
しているのが横隔膜です。血液の循環をなしているのは心
臓ポンプであり、心臓まで血液をかえすのは、全身の筋肉
が関わっています。しかし、横たわった時に全身の血液の
循環ポンプとして主たる働きをしているのは、人体内部の
隔壁である“横隔膜”なのです(横隔膜は呼吸作用によっ
て上下10cm内外動くことができます)。この横隔膜の動き
が制限されてしまうと血液の循環と配分は悪くなります。

 横隔膜の動きを制限する原因のひとつは、人体に捻れの
歪みがでた場合になります。上体の捻れの歪みは、カゴ状
の肋骨全体の動きを悪くします。この肋骨に付着して動い
ている横隔膜は捻れることによって、その動きが小さくな
ってしまいます。また、身体全体に起こった捻れは、水道
のホースが捻られて水の流れが止まってしまうように、血
液の流れを著しく悪くしてしまいます。もう一つの要因は、
人体中大きな臓器である肝臓に充血・肥大が起こっている
場合です。肝臓に肥大が生じると、本来の流動性、可動性
が著しく制限されます。肝臓は横隔膜といちばん大きく接
している臓器で、この臓器の肥大が横隔膜の動きを大きく
制限し、全身の血液の循環を悪くしてしまうのです。
 また全身の血液配分を狂わせる要因のもうひとつは、肝
臓と脳の充血が考えられます。人体中、中身のつまった大
きな臓器である肝臓と脳に全身の血液の多くをうばわれる
と、血液の配分を大きく狂わせてしまいます。
これらの要因のため、全身の血液の循環と配分に乱れが生
じた場合、生理時にわずかな量の出血であっても、子宮や
身体各部に血不足の状態を作り痛みや不調を生じてくるの
です。

 子宮本体にけいれん性の激しい痛みを発生する場合は、
子宮に血不足(虚血)が起きたため、子宮に血液を集めよう
とし、けいれんに似た激しい痛みを発していくのです。ま
た出血した場合に備え、あらたな血液を子宮に導入しなけ
ればならないため、身体が必死に血液を集めようと対応し
ていきます。
 もうひとつ生理痛である身体各部の痛みや症状は、全身
の血液の循環・配分の乱れによって、血不足(虚血)が生じ
た個所に痛みや症状を発生させます。それは本人の遺伝的
に弱い部分に生じやすく、各人によって痛む個所は異なっ
ています。
 生理痛は肉体的要因の他に、精神的なものも起因してい
ます。痛みや苦痛を家族に訴え続けることで母親の愛情を
確認したり、無意識に自分への注目願望が潜むケースも思
春期においては見受けられるものです。登校拒否や神経性
胃炎とも似た状況も、生理痛には含有しているのです。

生理痛の対処方法

 生理痛を引き起こす要因は、身体の捻れ歪みと肝臓肥大
による横隔膜の動きの制限で、血液の循環が円滑に営まれ
ないことと、全身の血液の配分を乱す肝臓と脳の充血にあ
るということが解明されれば、その対処法は見えてきます。
 日本伝承医学の技術は、この生理痛の要因となっている
身体の捻れの歪みを修正する最適の技術であります。三指
半操法によって身体の捻れは、瞬時に改善することができ、
リモコン・心臓調整によって、全身の血液の循環・配分は
達成されます。そして肝の叩打法により、肝臓の充血・肥
大をとり去り、個別の「ふり操法」により、子宮及び卵巣
の機能を高めることができます。また、肝臓と脳の冷却法
は肝臓の肥大、充血を解消させ、横隔膜の動きと血液の配
分を乱す要因を除去します。
 生理痛を引き起こす要因をこのようにとらえ、上記の対
処法をとることで、速やかに改善をはかることが、可能に
なるのです。

生理不順をとらえ直す

 女性の月経周期は、28日~30日が正常であり、これより
早くても遅れても異常なことになります。昔から女性の健
康は「血の道症」といって、生理の順不順、生理痛の有無
が健康のバロメーターとなります。
月経といわれるように、28日~30日の周期で、きちんと起
こることが正常であって、月が20日や40日周期で満ち欠け
することは宇宙の法則に反するのと同じことを意味します。
月の満ち欠けと同様に月経の周期は乱れてはならないもの
だという認識をまず女性の方々にもって頂きたいと思いま
す。身体の他の周期的なリズムに置き換えて考えて見ると
その重要性が明らかになってきます。
 例えば、呼吸のリズムは一分間に18回前後といわれてい
ます。これが1/3乱れて24回になったとしたら、かなりの
呼吸の乱れとなり、身体に支障をきたしてきます。また心
拍数(心臓の拍動)は一分間に70回前後が正常範囲ですが、
もし40回や90回になったとしたら、心臓は徐脈や心悸亢進
となって即座に息苦しくなってきます。この呼吸数や心拍
数と同様に、正常な周期性が月経にも必要になります。

 月経が20日周期や40日周期になるということはたいへん
異常な事態と認識しなければなりません。次に女性の生理
の周期の乱れを遅れるタイプと早まるタイプに分けて解説
してみたいと思います。
(1) 生理周期が遅れるタイプ
 精神的ストレスに起因して、脳内の性腺刺激ホルモンの
分泌が正常に働かない場合、生理の周期は遅れてきます。
このように深刻な悩みや環境の変化で今まで正常にきてい
た生理の周期が遅れたり、一月とんでしまうことも多々あ
りますが、自分の生活のペースがもとにもどれば自然に解
消されていきます。
 また精神的ストレスや悩みは肝臓機能に減退を生じさせ
ます。神経伝達物質のもとは肝臓で作られ、血液によって
脳に運ばれるため、肝機能が低下すれば、脳内の神経伝達
にも必ず支障をきたしてきます。極度のストレスや心労は
肝臓を肥大、充血させ、熱を生起させていくのです。肝機
能低下に伴い、神経伝達物質も正常に働かなくなり、性腺
刺激ホルモンの分泌に異常が生じ、生理の遅れや月経停止
を引き起こしてしまうのです。

(2) 生理周期が早まるタイプ
 生理周期が早まるのは、遺伝的な体質として虚弱であっ
たり、肺、心臓及び胃、腸の弱い人に多くみられます。消
化機能に減退が生じ(漢方医学の脾虚にあたります)、身体
を元に戻すために基礎代謝力を高めたいがための身体の対
応手段のひとつと考えられます。生理の周期を早めること
によって、新陳代謝を活発にしていく対応の姿となります。
血液の循環を高めるために呼吸数や心拍数をあげるのと同
様の機序が当てはまります。
このタイプの女性は、鼻血が出やすかったり、毛細血管が
切れやすく、軽い圧迫や打撲によって皮下出血がおきやす
くなります。身体の捻れの歪みも強く、スカートをはくと
スカートが自然にまわってしまう、やせ型の細身の女性に
多く見受けられます。

(3) 生理不順の対処法
 生理が遅れるタイプの人は、まず肝臓機能を高めること
が必要です。人体の低下した電気レベルを上げ、電気の流
れを整えることが必要になります。電気が流れれば、血液
の循環も改善されるからです。
 日本伝承医学の基本調整法の三指半、リモコン、心臓調
整を行い、肝の叩打法によって肝機能を高め、神経伝達物
質の元となる物質の産出を促進する必要があります。合わ
せて、肝臓と脳の冷却法がたいへん意味を持ってきます。
 生理の早まるタイプの場合は、身体の捻れを修正し、全
身の血液の循環・配分を整えることで、すべての生理機能
の活性化が図れます。日本伝承医学の胃の操法、腸の調整
法、膵臓の調整法は、胃・腸・膵臓に血液を集められる技
術であり、血液の循環・配分を整え、生理機能を高めるた
めに有効に作用します。また、日本伝承医学の技術の中に
は、不正出血、異常出血を止めたり、生理をつける技術も
有しています。

お気軽にお問合せください。 TEL 070-5590-4522

PAGETOP
Copyright © 日本伝承医学療法院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.