テニス肘と野球肘

  • HOME »
  • テニス肘と野球肘

テニス肘の本質~なる人の身体的特徴と対処法 2015.11.25 有本政治

<右肘がテニス肘になる人は、 既に右肘にねじれのゆがみ
が存在している>

同じ様な条件でテニスをやっても、テニス肘になる人とならない人がいます。
過度の酷使、個人の身体能力、体の使い方、力の入れ過ぎ、技術の差異に
よって、なるならないが決まる要素は存在します。また、限度を超えて、腕を使
い続ければ、肩、肘、手首に負担と疲労が蓄積し、テニス肘になりやすくなりま
す。週末プレイヤーのように、週に一回位のペースでしかテニスをやらない人で
もテニス肘になる場合はあります。また昨今ではパソコンに長時間向かう仕事
につく方もテニス肘と診断される場合が増えてきています。テニスは一回もしたこ
とがないのにテニス肘と診断されるケースはこの10年で2倍にもなっていると言
われています。それはテニス肘と言われるものが、単に肘だけの問題で起き
るのではなく、根本的な要因が他に存在しているからになります。

右肘がテニス肘になる人は、次のような要素が存在しています。
それは姿勢全体のゆがみのひずみが、右肩、右肘、右手にかかって、各関節に
正常を逸脱したねじれのゆがみが既に存在しているからになります。特に肩と
手首の中間に位置する肘関節には、ねじれが集約されます。この状態でいる
ために、過度に肘を使わなくても、右肘に大きな負荷がかかってしまうのです。

具体的には、肘関節のねじる動きを作り出す上腕橈骨関節(じょうわんとうこつ
かんせつ)において、橈骨(親指側の長い骨)に常に外旋のストレスがかかるた
めに生じます。橈骨が外旋(外ねじり)した状態で、肘関節の屈伸運動が繰り返
されるために発生していきます。

<何故、肘にねじれの集約が起きるのか>

それは姿勢全体のゆがみが、肩を含めた上肢に影響を及ぼすからになります。
特に上半身が左にねじれ、右肩が前下方に巻き込む事で、上肢の接続状態に
ひずみをもたらしていくのです。上肢全体が内旋(内ねじり)を起こし、それを補
正するために、肘を外旋する事で上肢全体のバランスをとろうと対応するのです。
これが橈骨に外旋ストレスをかける機序になります。これが肘にねじれが集約す
る理由になります。

<何故、上半身が左にねじれ、右肩が前下方に巻き込まれるのか>

これは、運動系(筋肉骨格系)だけの問題では無く、内臓が関係しています。その
臓器は、胆嚢(たんのう)になります。胆嚢は袋状になっていて、袋が収縮する事
で、胆汁(たんじゅう)を分泌しています。心労や精神的ストレスが持続すると胆嚢
が機能低下を起こし、胆嚢が腫れて熱をもちます(これが重篤になった状態が
胆嚢炎)。胆嚢という袋が腫れると、袋の収縮に減退が生じます。これは胆汁の
分泌不足を生起させます。胆汁は生命維持と病気予防に不可欠な物質になり
ます(詳細は、院長の日記、胆石の項参照)。

体は、この胆汁の分泌をなんとかして守ろうとするのです。袋の収縮ができなく
なったのを補うために、体全体を使って胆嚢を絞り込む事で、袋の収縮を助け
ようとします。これが上半身を左にねじり、右肩を前下方に巻き込む体勢を作
り出していくのです。

<胆のうに熱と腫れをもたらす原因は、精神的ストレスの持続にある>

テニス肘はテニスを一度もやったことがない人にも、この診断名がつきます。
それは痛みの発生部位と痛みの種類、肘の運動制限が、テニスプレーヤーと同
様の症状を呈するからです。特に右肘に出る症状は、胆のうのしぼり込みに起
因しています。それでは何故胆のうの機能低下が起きるのでしょうか。それは
精神的ストレスの持続が根底にあり、胆のうを含めた肝臓と胆のうの両方に
機能低下が発生するからです。

精神的ストレスの持続は、常に脳を興奮状態におき、脳を酷使させます。脳が
酷使されると、脳内の神経伝達物質や脳内ホルモンを大量に消費することにな
ります。この脳の神経伝達物質と脳内ホルモンのほとんどは、肝臓で作られ脳
で使われ、また肝臓に還って分解されます。この状態の持続が肝臓に負担をか
け、肝臓の機能低下につながっていくのです。
肝臓の機能低下は、肝臓だけにとどまらず、内包されている胆のうにも影響を
及ぼします。もともと肝臓と胆のうは肝胆相照らすと言われる様に、表裏の関係
にあります。肝臓の機能低下は、胆のうの機能も同時に低下させていくのです。

体は、この肝臓と胆のうの機能を元に戻すために肝臓と胆のうに大量の血液を
集め、熱と腫れを起こすことで機能の回復を図る対応をとっていきます。これが
胆のうが熱をもち、腫れる機序となるのです。テニスを一度もやったことがない人
でも、胆汁の分泌を守るために胆のうをしぼり込む体勢をとることになったのです。

<テニスで手や肘を使うこととパソコンでキーやマウスを使う動作も、テニス肘
の引き金となる>

テニスでボールを打つ動作とパソコンでキーやマウスを動かす動作は強弱の差は
あっても、手、肘に負担をかけ、肘の痛みの引き金になるのです。その前提条件は
これまで解説してきましたように、肩、上肢(肩、肘、手首)の左ねじれと前下方
への巻き込み姿勢にあります。これを補正する対応として、肘関節の橈骨の外
旋のひずみが根本原因となります。この前提がある中での、手や肘の使用が
引き金となったのです。

<胆汁の分泌不足は、血液に熱を帯びさせ、赤血球の連鎖を生み、血液の質
を低下させ痛風性の肘の痛みを発生させる>

肘の痛みの発生には、整形外科的要因の他に、血液の質の低下からくる偽通
風性の肘の炎症もあります。胆汁の働きの最大の特性は、その苦味の成分に
あります。苦味は漢方薬の苦寒薬の作用をもち、体内の炎症をおさえ、血液の
熱を冷ます働きがあります。胆汁の分泌不足は血液に熱を帯びさせ、熱変性に
よる赤血球の連鎖を生み、血液の質の低下をもたらします。また、赤血球の連
鎖による毛細血管の流れの停滞とつまりを生み、肘関節に血液の停滞を生じ
させます。血液の熱と血液の質の低下と停滞が、偽通風性の肘の痛みへと進
行していくのです。

<左のテニス肘は、心臓を絞り込む対応から、上半身が右にねじれ、左肩が巻き
込む事から発生する>

右のテニス肘の根本原因は、胆嚢の絞り込みにありますが、左のテニス肘は、
心臓の血液の噴出を補う対応として、体全体を使った心臓の絞り込み姿勢が
根本要因としてあります。心臓の機能低下は命に関わる問題になります。故に
体は徹底的に血液の噴出を守る対応をとっていきます。
これは右肘で解説してある機序と同様に、左肘にねじれの集約を生み、この状態
での動作の反復がテニス肘を生み出していくのです。心臓のポンプ力の低下は
遺伝的に心肺機能の弱い体質の人に発生しやすくなっています。

<テニス肘発生の根拠と機序が明らかになれば、対処法が構築できる>

以上がテニス肘発生の根拠と機序及び根本原因になります。故にテニス肘は、
上辺だけの処置や予防法では治癒しないのです。テニスを休んで使わないよう
にしたり、パソコンに向き合う時間を制限していけば炎症は治まりますが、また
復帰すれば時間の問題で再発していきます。そして慢性化になり、痛みに苦し
み、ついにはテニスや仕事を断念せざるを得ない方も多いのが現状です。

回復に向かわせるためには何をすべきかは、テニス肘の根拠と機序の中で明
確になっています。それは上半身に起こっているねじれと肩の前下方への巻き
込みを元に戻し、上肢の位置異常と肘へのねじれの集約をとり除く事が不可欠
になります。そのためにはまず、胆嚢と心臓の機能を高める事です。そして上
半身のねじれと肩の巻き込みをとり除く全体調整と、直接的な肘の外旋をとる
肘自体の調整法の両方からアプローチしていきます。また肘や手首のストレッ
チ法、アイシング法、テーピング法も重要です。右肘のテニス肘要因となるの胆
のうの機能低下は、その根本原因は精神的ストレスにあります。これはすぐに
解決する問題ではありません。これを最小限にくいとめる処置が大切になります。

<全体と部分の両方を調整出来る日本伝承医学の対処法>

日本伝承医学では、体のねじれと肩の巻き込みをとるために日本古来から伝わ
る三指半操法(さんしはんそうほう)を用いて、体のねじれを改善します。また胆嚢
の機能を高めるために大腿骨叩打法を用い、胆嚢の熱と腫れを除去していきます。
心臓機能を上げていくためには、上部胸椎(3、4、5番の椎骨及び肋骨)のヒビキ
操法を使用して心臓機能の改善を図ります。

直接的な肘の技法は、肘が外れた時に用いる肘内法を用いて対処します。さらに、
古代人の開発した、独自の集約拳操法、中指屈曲法を用います。これは自分自
身でもできる調整法になります。またアイシング法、テーピング法も併用していき
ます。さらに精神的ストレスの影響を最小限にとどめるために、頭と肝胆の氷冷
却法が大きな効果をもたらします。直接的に冷却により、脳内の熱のこもりと脳圧
の上昇と肝胆の熱と腫れの除去に役立ちます。
日本伝承医学では、このような全体と局所の統合的な調整法を行なっていく事で、
テニス肘に対応しています。

 

野球肘は何故起きたのか  2015.11.25 有本政治

<カーブ球を投げると肘や手首に故障が起きやすい理由>

野球肘とテニス肘は、基本的な故障の根拠と機序は同じになります(テニス肘の項
参照)。テニス肘の機序と、野球肘の機序との違いは、野球の変化球であるカーブ
球の投球にあります。

右利きの人が行なうカーブ球の投球動作は、球を握った手を離す瞬間に、肘と手首
を外旋(外ひねり)する事で、球に回転を与えています。この手首と肘の外ひねりの
使い方が、肘に大きな負担をかける動作になるのです。
私達の体には、様々な動作において、関節の構造と機能に準じた動作とそれに反す
る動作があります。関節の構造と機能に準じた動きは、流れるようにスムースな関節
の連動が起こり、無理なく最大限の力の伝達が可能になります。それに反する動き
が関節にかかり、これを反復する事が肘の故障につながっていきます。

<肘関節の構造と機能に準じた動きは、人体機能解剖学が解明している。>

人体機能解剖学とは、肘関節の主要な動きとなる伸展と屈曲動作(曲げ伸ばし)の
中で、蝶番の様な単純な曲げ伸ばしではなく、ねじれの動きを伴いながら屈曲伸展
が達成されている事を説明する学問になります。

具体的には、肘関節が屈曲する際、屈曲の途中から最後の段階に至る過程でゆる
やかな外旋を伴う事で最大屈曲が可能になるのです。逆に伸展は、伸展の途中か
ら最大伸展に至る過程で、内旋動作が起こる事で肘の完全伸展は達成されるので
す。それは当然手首の内旋を含んでいます。故に普通に球を握って球に回転を与え
ず、投球動作に準じて自然に無理なく投げた場合に、球を離す瞬間に自然に内旋が
かかり、ナチュラルシュートになるのです(バッターから見ればカーブは外に曲がり、
シュートは内側に曲がります)。

投球動作を機能解剖的に分析すると、球を握って振りかぶった際は、肩、肘、手首
は全て内旋動作を伴い、投げに入っていく過程で、肩、肘、手首は内旋を伴いなが
ら完全伸展するのです。まさにリリースの瞬間は肘、手首の内旋が起こるのです。

<カーブ球の投球動作は、関節の機能解剖に反する動作になる>

カーブ球の投げ方は、リリースの瞬間に肘と手首を外旋させる投球動作になってい
ます。これは肘関節や手関節の伸展時における機能解剖に反する動きを、肘や手
首に生起させます。これは関節、筋肉、腱、靭帯に無理な負荷をかける事になるの
です。

このカーブ球の反復動作は、当然関節に無理な摩擦を生み、筋肉、腱、靭帯に過
度の緊張や張力を作り出します。この持続により、関節内には熱の発生と蓄積を
もたらし、筋肉、腱、靭帯にも、炎症が生じたり、組織の弱体化により断裂を起こし
やすくなります。これが野球肘を発症していく最大の要因となります。

<野球肘は痛みだけでなく、関節の変形をもたらす>

投手を長く務めるプロ野球や社会人野球の選手の中に、肘が完全伸展せず、くの
字に曲がった 変形性の肘を多く見かけます。これは上記の関節の機能解剖に反
したカーブ投球を繰り返したために発生しています。
一般的に変形する事は、悪として考えられていますが、これは関節の機能を守る対
応として発生しています(変形に関するの詳細は、HP、院長の日記、膝、股関節の
変形の項参照)。

関節内の熱の蓄積と貯留は、組織の破壊に直結します。これを守るためには、関節
内の潤滑液(関節液)の循環を確保する必要に迫られます。これを達成するために、
骨や軟骨組織を変形させる事で関節液の循環を守る対応が起こるのです。
故に変形は起こっても、大きな痛みは起こらず、投球を続ける事が可能なのです。
ただしこれは骨の形成が終わった大人の対応であり、成長期の年代では発生させ
てはなりません。そのため少年野球においては、重い硬球の使用とカーブ投球を
制限しているのです(重いボールは、関節に牽引力を生み、関節破壊につながるから
です)。

<カーブ球を投げなくても、野球肘は発生する>

テニス肘も野球肘も、その根本原因は全体の姿勢のゆがみが肩と上肢に、ねじれと
前下方への巻き込み体勢を作り出していることから発生しています。それは、上肢全体
に内旋を起こし、それを補正するために肩と手首の中間に位置する肘関節の橈骨に
外旋のストレスを常にかける事になります。この状態での投球動作は、カーブ球を投げ
なくとも肘に痛みや炎症を発生させる大きな要因となります。その中でも重いボール
による関節のけん引力は、野球肘発症の引き金として作用します。

<どう対処すればよいか>

カーブ球の投球動作が野球肘になる最大の要因である事は間違いありません。こ
れを回避するためには、肘の熱の発生を最小限にとどめる事が不可欠になります。
そのためには、使用後のアイシングの徹底が大前提です。氷を肘に固定し、最低
でも20分以上の冷却が必要です。長時間の冷却による副作用はありません。アイシ
ングをすることで痛みがとれ、変形防止につながります。

テニス肘の項で解説してありますが、体全体の姿勢のゆがみが、上肢に位置異常
を生起し、肘関節にねじれの集約を作りだしています。そしてゆがみの根本原因に
は内臓機能との関連が存在しています(テニス肘の項参照)。局所だけをみて対処
したのでは肘の痛みは改善していきません。全体と部分の両面からのアプローチが
必要となります。野球肘の根拠と機序の理解が、この疾患を回復に向かわせるため
には必要になります。

 

 

 

お気軽にお問合せください。 TEL 070-5590-4522

PAGETOP
Copyright © 日本伝承医学療法院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.