肩の痛みについて

  • HOME »
  • 肩の痛みについて

肩の痛みについて                               2015.6.20 有本 政治

肩の痛みは、肩周辺機構に運動制限をきたすために生じてきます。肩関節付近に
鈍痛が起こり次第に腕の可動範囲に制限が起きてきます。腕が上がらなくなったり
後ろに回せなくなったり、腕を少しでも動かすと痛みが走るようになります。日常生
活では洗髪や髪をとかしたり、歯磨き、炊事や洗濯、洋服を着る、物を握る、物を
持つ、寝返りを打つ等に支障をきたしてきます。

痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらくするともう片方の肩
にも発症してしまうこともあります。ひどくなると、じっとしていても疼痛が起こり、
痛みで眠れなくなったり、寝返りを打つたびに、痛みで目が覚めてしまうこともあり
ます。また痛みだけでなく、腕全体から肩、背中にかけて、だるさやしびれを伴うこ
ともあります。肩から痛みが波及して、胸腔内、内臓、骨の中等、深部にまで
痛みや違和感が及ぶこともあります。

肩関節を構成する関節のひとつに、肩鎖関節と言われる関節があります。これは
肩甲骨の肩峰と言う骨端と、鎖骨の骨端とで関節する肩峰鎖骨関節のことになりま
す(略して肩鎖関節)。この関節の間に存在する軟骨状の円板(円滑に動かすため
のディスク)が、30代後半から40歳位を境にして磨耗消滅し、痛みを発症させてい
くことから、四十肩(あるいは五十肩)とも呼ばれます。肩鎖関節の関節円板が磨耗
消滅しても、ほとんどの方は痛みや違和感を感じることなくすむのですが、体のゆが
みや上半身にねじれが大きい人は、症状が出やすくなります。

右肩に起きる痛みには次のような理由があります。胆汁の分泌不足が起きると、体
は右の脇腹に位置する胆嚢(たんのう)という袋の働きを守るために、胆嚢を絞り込
もうとし、右肩を前下方に巻き込み胆汁の分泌をうながしていきます。このため体は
上半身を左側にひねり(左まわり)、なおかつ前方に引き下げられる姿勢になります。
これが肩甲骨と関節する上腕骨に内旋の歪みを引き起こします。さらに肩甲骨の位
置もゆがんできます。これにより肩関節に運動制限と上腕運動時の痛みが発生します。
(機能解剖上、上腕が内旋位になると、肩関節は水平挙上90度で制限をうけて、そ
れ以上は上がらなくなります)。重症になると、右肘を屈曲して上腕を抱え込んで固
着状態になります。こうする事で胆嚢を絞り込み、胆汁を何とか出そうと体は懸命に
対応するのです。この状態の場合は、肩、上腕の運動は全く不可になります。つまり
肩、上腕の運動を不全にしてまでも、体は胆汁の分泌をうながそうと働くのです。

左肩に起きる痛みの場合は、心臓の収縮拍動を守る対応になります。心臓はハー
ト型をしていて、下がすぼまった円錐状の形をしています。4つの部屋に分かれてい
て、真上から見ると、本体が右側によじれた形状をして、胸のやや左側にあります。
逆円錐型で右側にねじられる事で(右まわり)、下部の部屋(右心室と左心室)のね
じり収縮によって、血液を上部に噴出して血液を全身に送り出すしくみになっていま
す。逆円錐の本体が90度右にスピンする事で、効率良くポンプの拍動収縮ができて
血液を噴出し全身に循環させることができるのです。

この心臓機能に減退が起こると、すぼまった細い下部の部屋に当たる右心室と左
心室の収縮能力が低下します。心臓のポンプ力が落ちると、全身にうまく血液をまわ
す事ができなくなり、生理機能に影響が生じます。これを回避するために、右心室、
左心室の収縮を助ける対応が必要になります。そのために上体を右にひねり、左肩
を前下方に巻き込み、心臓の収縮を助ける姿勢をとっていきます。この時、肩関節に
は大きなねじれの歪みが生じます。これにより肩、上腕に運動制限と痛みが発症しま
す。重症になると右肩と同様に、左腕を抱え込んだ形を取り、完全に固着させます。
こうする事で心臓の拍動収縮を守ります。

体の姿勢の歪みは、胆嚢からの胆汁の分泌と心臓の吹き出しを守ろうとするために
発生していくのです。肩の痛みや体のねじれは、このように内臓との関連の中でとらえ
ていく事が必要です。その部位だけを元に戻そうとしてはいけません。体が必要があっ
て起こしている対応だからです。また痛みにも意味があります。痛みは痛みの信号を
発する事で、心臓を拍動させ、心臓のポンプ力を高めると共に、患部に血液を集めて
修復を図ろうとしているからです。

それではどうしたら肩の痛みを改善できるかを説明します。それには上体のねじれの
原因となっている胆嚢(胆汁の分泌不足)と心臓(ポンプ力の低下)の機能を元に戻す
必要があります。その前にまずどうして胆汁の分泌不足が起きるのか、なぜ心臓機能
が低下するのかをもう、少し詳しく解説していきます。

胆汁が分泌できなくなる理由は、胆嚢という袋がうまく収縮できないために起きます。
それは胆嚢という袋が腫れて炎症を起こしているからです。袋が炎症を起こし腫れる
と収縮ができなくなります。これが胆汁の分泌低下の直接の要因になります。
胆嚢に炎症と腫れが発生するのは、低下した機能を元に戻すための一時的な対応
になります。胆嚢に腫れや炎症を起こして、機能回復をはかっているのです。その間
正常な収縮が出来なくなるので、胆汁の分泌を減退させていきます。この状態が続く
事で胆汁の分泌不足が体内に起きます。

胆嚢は通常は親指大の袋状の臓器で、胆汁を1日約500~800ml位分泌しています。
胆嚢は肝臓内に内包された臓器で、”肝胆相照らす”と言われるように、肝臓と密接な
関係にあります。胆汁は肝臓で生成され胆嚢に集められ、ここで濃縮されて極めて
苦い物質になります。この苦味成分が体の炎症を鎮め、血液の熱を冷まし、血液を
一定の温度に保っていきます。この作用が低下すると血液が熱を帯び、熱変性によっ
て、赤血球が連鎖し毛細血管内の血液の流れの停滞と詰まりを生起させます。血液
の質が低下し、体の免疫力、生命力を落とす要因にもなります。

肝臓と胆嚢は、同時に機能低下が起こっていきます。この肝胆に機能低下をもたら
す最大の要因が精神的ストレスの持続になります。精神的ストレスの持続は、常に
脳を酷使し、脳内の神経伝達物質や脳内ホルモンを大量に消費させます。これらの
物質のほとんどは肝臓で作られ、脳に送られ、また肝臓に還り分解されます。この
持続が肝臓に負担をかけ機能低下していきます。体は機能回復を図ろうとするため
肝臓、胆嚢に炎症と腫れ、充血を引き起こします。炎症をとり去るためには、抗炎症
作用のある胆汁がたくさん必要になります。多量に消費するため胆汁が分泌不足に
なっていきます。それでも体はなんとか胆汁の分泌をうながそうとするために胆嚢を
しぼりこんで上半身にねじれのゆがみを発症させていきます。これが右肩周辺の痛み
の根拠と機序になります。

次に左肩に起因する心臓の機能低下の機序を解説します。これには遺伝的体質が
大きく関与しています。心臓は血液を体内にくまなく循環させるポンプの役割をになう
命を司る大切な臓器になります。この心臓のポンプに負担をかける最大の要因は、
体の毛細血管内の血液の流れの停滞にあります。体内の血液供給は、一瞬たりとも
途絶える事は許さず、滞りなく流れる事が絶対条件です。これを阻害するのが、
血液中の赤血球の連鎖になります。赤血球が連鎖すると(ドロドロでベトベトの状態)
毛細血管の内径より赤血球が大きくなり、流れが停滞したり詰まったりします。
これを流すためには、心臓のポンプを活発に働かせなければなりません。また血液
を流す力である血圧を上げる対応が必要になります。この状態の持続が心臓に負担
をかけていく事になるのです。特に遺伝的に心肺機能(心臓と肺の機能)の弱い体質
の人は心臓機能の低下を引き起こしやすくなります。

また精神的ストレスの持続は、脳を酷使させ、体内で一番血液の消費の大きい脳に
血液不足を生起させます。これを補うためには、心臓のポンプ力を高め脳に血液を供
給しなければなりません。これも心臓を過度に働かせ、機能低下を助長させていきま
す。さらに肝臓に大量の血液を奪われるために、全身の血液の配分が乱され、残さ
れた少ない血液を全身に早く循環させる必要上、心臓のポンプにますます負担をか
ける事になるのです。

以上を要約してみます。全身の血液の循環、配分、質(赤血球の連鎖)の乱れに関
与しているのが、肝臓、胆嚢、心臓になります。これらの機能を守る対応が、肩の巻
き込み、上体のねじれ、胆嚢の絞り込みになります。胆汁の分泌を守り、心臓の拍
動と収縮を助けようとする対応が肩の痛みの本質ということです。

精神的ストレスをすぐに取り除く事はなかなかできませんが、体への影響を最小限に
する事は可能です。肝臓、胆嚢と心臓の機能低下の直接的な要因となっている全身
の血液の循環、配分、質の乱れを整える事が必要です。これにより、胆嚢の腫れと
熱を除去し、心臓のポンプ力を元に戻す事ができ、胆嚢や心臓を絞り込む必要がな
くなるのです。上体のねじれと肩の巻き込みがとれれば、肩の痛みやしびれ、運動
制限は回避されます。

日本伝承医学では、肝臓(胆嚢)と心臓を中心に技術を構築しています。胆汁の分泌
を促進する個別の技法と並行して直接的な肩の治療法も入れていきます。肩患部
の治療は、当該部位は使用せず、大腿部の骨のたたき操法を用います。さらに家庭
療法として薦めている頭と肝臓の氷冷却法で、脳内の熱のこもりと脳の炎症、肝臓、
胆嚢の腫れと熱を除去していきます。

 

肩こり・腰痛の発生と機序と対処法(人体・構造面より)    2004.有本 政治

  肩こり・腰痛を人体積木理論でわかりやすく解説してみ
ます。人体積木理論とは、縦長な構造体で大小200個の骨
の連なりである人体を、積木を積んだ姿におきかえ重力線
上にバランスをとっている構造体として、人体構造を説明
したものです。
積木は斜めに積み上げていけば、ある段階で倒れてしま
います。倒れないように積むためには、上部の積木の積み
方を修正していかなくてはなりません。これと同じことが
人体構造にもあてはまります。人体下部構造にひずみがあ
れば、人体の上部に位置する、肩・首・頭の位置を修正し
なければなりません。首や頭の位置が前方に突出している
人、肩が前方に巻き込んでいる人、猫背の人等は皆、上部
で修正しながら立位のバランスをとっているのです。
特に脊柱という存在は、小さなマッチ箱状の骨(背骨)を
24個積み上げた形状と同じになります。脊柱の下部の骨の
積み方が斜めになれば、上部で修正をしなければならない
のです。人の姿勢の歪みの本体は、すべて上記の理論で解
明できるのです。

人体の下部の歪みを修正するために、首や肩を前方に突
出させるということは、筋肉の収縮力(縮む力)を必要とし
ます。この状態が長期に持続すると、筋肉が疲労してしま
い、筋肉内の血液の循環は停滞していきます。これが長期
に及ぶことで、いわゆる“凝り”という状態を生んでいく
のです。これが肩こり、首こりの根本的発生原因になりま
す。
脊柱の下部にあたる腰部も、脊柱が理想的なカーブを失
うことによって、腰部周辺の筋肉に過度の緊張がおこり、
血液の循環が停滞していきます。脊柱カーブの逸脱により、
上体の重さが一点に集中してしまいます。これが持続する
ことにより、腰痛を引き起こしていくのです。
つまり肩こり、腰痛の発生機序は、脊柱のカーブ全体の
正常からの逸脱によって、引き起こされていたのです。故
に、肩こり、腰痛の根本的解決は、脊柱全体のカーブの歪
みを修正することが不可欠となります。

肩こり、腰痛を局所的なもので単純に一部の筋肉や骨格
の歪みというとらえ方はあらためなければなりません。
これらは生命にとって、重要な警告サインであり、このま
ま放置すれば病気に移行しますという知らせとしてとらえ
ることが重要です。脊柱全体の理想的な湾曲を失うという
ことは、内部の脳や内臓に機能低下を引き起こすことは必
然です。人体の構造や形態が歪めば、内部の血液・体液の
循環に乱れを生じさせていくことはさけられません。脊柱
の歪みは単純に前後方向に歪むだけではなく、左右にも高
低を生じさせたり、捻れの歪みも複合して発生します。特
に人体全体が捻られると、内部の血液・体液の循環は、著
しく影響を受けます。血液・体液の循環の停滞は、脳や内
臓の機能を低下させていきます。人体のすべての生理機能
は、血液・体液の「循環・配分・質」によって営まれてい
るのです。

例えば、頭痛の発生要因は、脳の一過性の虚血(血液不
足)によってひきおこされる場合がほとんどです。
この状態の持続は、めまいや脳出血という重大な病に移行
する前駆症状であります。肩こりや腰痛は、命に別状がな
いと安易に考えているかたがほとんどの状況ですが、実は
肩こり、腰痛は重篤な病が発生する第一段階の警告サイン
であり、この段階での適切な処置を行うことが大切です。
日本伝承医学では三指半、リモコン操法によって電気を
発生させ、「ゆり、ふり」によって固くなった椎間板に動
きを生起させていきます。椎間板は全脊柱の4分の1を占め、
体液から栄養・物質・エネルギー・情報を取り入れる重要
な組織です。この椎間板が硬化するとショック吸収装置と
しての働きを失い、椎間板ヘルニア、腰椎分離症を引き起
こす要因につながります。

日本伝承医学の技術は脊柱全体のカーブを瞬時に変える
ことのできる技術であり、肩や腰を直接もんだり、指圧し
たり、鍼をしたりしなくても、首、肩こり、腰痛を根本的
に解消することができるのです。また、心臓調整法では固
くなった僧帽筋を引き伸ばし、可動性を失った第3、第4、
第5肋骨を動かすことで、脳内の血液循環を瞬時に変え、
停滞していた血流を改善することができます。僧帽筋とは、
首の付け根から両肩までを結んでいる筋肉で肩こりのとき
に一番固くなる筋肉でもあります。
筋肉は、長期にわたり持続的に押したり、もんだり、マ
ッサージをしたりしますと、その部位に慢性疲労が発生し、
逆効果になってしまう場合も多々あります。全体と部分の
関連をこのように把握し、自然良能に導いていくのが理想
的な対処の方法であります。

40肩・50肩とは

40肩とか50肩とよばれている肩の痛みは、どういう機序
で発生するかを解説してみたいと思います。
40才から50才ぐらいをさかいに、肩関節の内部に組み込ま
れている関節円板(円滑に動かすためのディスク)が磨耗消
滅していきます。この時期に符合して痛みを発生すること
から、この名称がついています。しかし、だれもが発生す
るわけではなく、身体の歪みの強い人、つまり肩が前方に
巻き込んでいる人に発生していきます。右肩が前方に巻き
込んでいる人は、右肩に、左肩が巻き込んでいる人は、左
肩に、両肩とも前方に巻き込んでいる人は、両肩に発生し
ます。正常な人は、関節円板が磨耗消滅しても自然に肩に
なじんで、違和感や痛みは生じません。しかし元来肩の位
置が正常を逸脱している場合、なじむまでに肩関節に痛み
と違和感が生じます。数ヶ月か一年くらいで痛みはなくな
る場合もありますが、動かすこともできず、疼痛で夜も眠
れなくなるほどまでと症状は人によって異なります。

右肩の痛みの場合は、胆のう機能の低下が慢性的にあり
ます。そのために身体の側面に筋肉の引きつりが発生し、
右肩の位置を前方にまきこませる原因となっています。
機能低下した胆のうと肩の局所冷却を実践することでこの
痛みはかなり軽減していきますが、根本的には身体の捻れ
を修正する必要性があります。左肩の場合は、心臓及び左
肺に遺伝的な弱さをもつ人に発生し、左肩の巻き込みを作
り出していきます。肩の冷却により、痛みを軽減できるこ
とはいうまでもありません。
日本伝承医学の技術は身体の歪み、捻れを修正すること
を目的のひとつとして技術が構築されています。身体の捻
れの歪みを修正し、肩の調整法を施し、局所冷却を実践し
ていけば、40肩、50肩は苦痛をともなわず、改善すること
ができます。

お気軽にお問合せください。 TEL 070-5590-4522

PAGETOP
Copyright © 日本伝承医学療法院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.